こどもの国(横浜市青葉区)のどんど焼きへ【2020年】

体験談

我が家では毎年、近所のどんど焼きのイベントに参加しています。

2020年12月13日、横浜市青葉区の「こどもの国(公園)」のどんど焼きに行ってきました。

こどもの国の「どんど焼き」とは?

毎年1月中旬の休日に行われています。

2020年は1月12日に行われました。

公園の運営団体が巨大なやぐらを作ってくれており、近隣の人々が正月お飾りや書き初めを持ち寄って来ます。

どんど焼き会場で関連するイベントは以下です。

  • どんど焼きの開始時間は13:00
    • 願い事の短冊も一緒に燃やしてくれる
  • 焼き芋配布 13:30〜(整理券は9:30から配布)
  • マシュマロ焼き体験 13:45〜
  • ジャガイモ配布 14:00〜

燃やしたい正月飾りなどは、ウチのハニーが自分の手でやぐらにお供えしました。楽しいですね。

 

こどもの国 どんど焼き の燃えさかる炎の様子はこちらの動画

どんど焼き 2020 こどもの国公園

2分間ぐらいでかなりの部分が燃え尽きました(来年も遅刻しないように!)

会場にいる年女年男たちが大きな松明をバケツリレー方式で受け渡してゆき、着火します。

年齢のサバを読まないように。

 

子供の国の入園料と年間パスポート

どんど焼きの参加費は無料ですが、「こどもの国」は有料公園なので、入園料の支払いが必要です。

一般
おとな・高校生 600円
中学生・小学生 200円
幼児※ 100円

敷地は囲われていて、公園は管理団体に管理されています。

園内は庭仕事の職員さんがたくさんおり、客も家族連ればかり。 治安は良さそうで、安心して子供を野に放つことができそうです。

もし近所に住んでいれば、子供に「こどもの国に行って勝手に遊んでなさい」と言って放任育児ができるかも。。。

私たちは徒歩50分のところに住んでいますが、それだと毎日行くには遠い。。。

引越先として、この「こどもの国の近所」は良いかもしれません!

年間パスポートがあるようですね。

おとな 7,000円
小・中学生 2,500円
幼児※ 1,000円

1年間有効で、土・日・祝日を含むすべての開園日の入園が自由にできます。

タイトルとURLをコピーしました